Tableau Desktop 32bit版について

Tableau Desktop 32bit版(Windows)について

Tableau Desktopは、ローカルのパソコンにインストールして利用するソフトウェアです。

昨今、取り扱うデータ量が増大する傾向になっており、Tableauもバージョン10.5より64bitOSのみの対応となりました。新エンジンの採用により大量のデータの取扱スピードが上昇しています。

しかしながら、まだ企業では32bitOSのWindowsを利用しているところも多いかと思います。Windows7のサポート期限も近づいており、Windows10に切替時に64bit版を選んでいる企業も増えてきているかと思いますが、まだまだ32bit版を使っているという話もよく聞きます。

本記事では、32bit版のTableau Desktopの入手方法等についてお知らせします。

Tableau Desktop Windows 32bit版入手方法

Tableau Desktop Windowsの32bit版は、バージョン10.4が最新版となります。ダウンロードはリリースノートのページからできます。

Tableau Desktop 10.4.14リリースノート ※常にマイナーバージョンが上がったものがリリースされる可能性があるのでご注意ください

32bit版(バージョン10.4)はいつまでサポートされるのか

Tableau社の標準サポート期間は30ヶ月(2年半)となっています。

バージョン10.4は2017年9月25日にリリースされているので、2020年3月25日までサポートされるということになるかと思います。それを過ぎるとパッチ等がリリースされなくなるので、ご注意ください。

バージョンアップの悩みについて

ワークブックの互換性

Tableauは、新バージョンで作ったワークブックを古いバージョンのTableauで読み込むことができません。個人が使う分にはあまり問題になりませんが、チームや組織で使う場合にはこれが問題になることがあります。

最近は、互換性の配慮も進んできており、2018.1以降では古いバージョンでの保存もできるようになっています(Desktopではエクスポートという形、Serverではダウンロード時に選択できます)。

Tableau Server10.4からのバージョンアップ

Tableau Server バージョン10.4以前を利用している場合は要注意で、Tableau DesktopやReaderはTableau Serverにあわせて一斉にバージョンアップする必要があります。

一番問題になるのは、データソースとしてTableau抽出ファイルを利用している場合です。

10.4までは拡張子がTDEのファイルしかありませんでしたが、10.5からHYPERという形式のファイルが増えています。Tableau Serverでは、抽出の更新を行った際に、TDEファイルをHYPERに置き換えてしまいます。置き換わってしまうと、どうやってもTDEに戻すことはできません。つまり、古いバージョンに戻すことができない、ということになります(もちろん、Tableau Serverの履歴から切り戻しは可能です)。

DesktopやReaderを使っている方全員が64bitOSを使っていれば一斉にアップすることもそれほど問題なくできるかと思いますが、32bit版を一人でも使っていると、その方に引っ張られて新しいバージョンが使えない、ということになってしまいます。

Tableau Readerのやっかいさ

基本はTableau Serverを使っていて、部分的にTableau Readerで共有しているという方がいる場合は特に注意が必要です。Reader向けに抽出ファイルなどを使っているということであれば、先程のHYPERが読めない、という状況に陥ることがある可能性が高くなります。さらに、Readerはライセンス管理されていない可能性が高いので、誰がどこで使っているかわからない、ということもあります。

バージョンアップ計画の注意点

特に以下のような状況の場合は、バージョンアップの計画をしっかり行ってから新バージョンに移行しましょう。

  • 現在Tableau Serverを10.4以前で利用している
  • Tableau Desktop 32bit版を使っている人がいる
  • Tableau Reader 32bit版を使っている人がいる
  • Tableau Serverで抽出ファイルの更新を行っている

 

なお、ワークブックの共有などをTableau Serverのみで行っている場合は、注意すべきはDesktopのみとなりますので、ぜひTableau ServerやOnlineで共有を行いましょう。

まとめ

  • 32bitOS版はTableau 10.4まで
  • 古いバージョンはリリースノートのページからダウンロードできる
  • 標準サポート期間は30ヶ月(10.4は2020年3月まで)
  • Tableau Server10.4以前からのバージョンアップは計画的に
  • ButtonFilter_Multiselect
    【Tableau拡張機能紹介】Button Filter
  • Tab_ImgFilter_Sample1
    【Tableau拡張機能紹介】Image Filter
  • Tableauで作るドーナツチャート
  • Tableauのデータ結合とデータの入れ替えについて
  • データブレンドを用いて実績管理
    Tableauで目標と実績を管理するビューをデータブレンドで作成する
  • Excelの名前付き範囲を使ってTableau/Alteryxで幸せになる話
Tableauの導入はぜひKCMEで!

セルフBIツール「Tableau」は2週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Tableauを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事
Alteryxアイコンカテゴリの紹介
データアナリティクス
Alteryxのアイコンカテゴリについて簡単に紹介します アイコンカテゴリについて Alteryxを使う上で、各ツールアイコンの使い方を理解...
Tableau Prepでできること
データアナリティクス
TableauのETLツール 「Tableau Prep」で出来ることを紹介します Tableau社が満を持して2018年4月にリリースした...