5G ニュース

5Gとは「5th Generation(第5世代移動通信システム)」の略でLTEよりも高速かつ大容量の次世代移動通信方式となります。
今までの通信規格とは違い、5Gは携帯電話のみの利用ではなく、IoTへの活用が期待されております。
日本では総務省は5Gの周波数の割り当てを既存の通信事業者であるNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、それと新規参入する楽天に付与し、サービスを開始致します。
世界でも5Gは重要な技術となっており、様々な実証実験や、商用化が進められています。
5Gのグローバルな技術情報や市場動向を掲載しているページとなります。

※米国SDxCentralよりご提供していた「5G」の記事を転載しております。

■フル記事掲載 ※月2~3記事掲載

Sprintは2.5GHzのスペクトラムで5Gデータコールを吹き飛ばしました
2019.4.12
 今週のSprintは、その5GとIoTのアジェンダを促進するためにラスベガスでコンシューマーエレクトロニクスショー(CES)を最大限に活用しています。 これには、キャリアのリアルタイム商用ネットワーク上で、2.5GHzスペクトラムと大規模多入力多出力(MIMO)を使用して5Gデータコールを完了した...
米国政府機関によって承認されたT-MobileおよびSprint
2019.4.12
 T-Moible USAとSprintは、米国外国投資委員会(CFUS)から260億ドル(約2兆8千億円)の合併提案を承認されました。CFIUSに加えて、この取引は法務省、国土安全保障省および国防総省によって承認されました。 驚くべきことに、Huaweiの機器が承認の要素になったようです。 一部の...
エリクソンは6年間で15億人の5Gユーザーを予測
2019.4.12
  最新のモビリティレポートでは、機器ベンダーのエリクソンは、2024年末までに全世界で15億の5Gユーザーがいると予測しています。 これらの5Gユーザーは、世界中のモバイルユーザーの総数の約17%、北米ユーザーの55%を占めます。 エリクソンは、北米における5Gの急速な成長の主な理由は、モバイルデ...

 

■一部内容のみ掲載 ※詳細記事内容は、オリジナルリンクよりご覧ください

もっと5G記事
2019.3.18
本投稿のご紹介 この投稿は、米国SDxCentralよりご提供した「 5G記事 」のタイトル及び一部内容のみ掲載しています。 詳細な記事内容につきましては、「もっと」をクリックして内容をご覧ください。...

 

5Gの記事一覧
エリクソンがテキサス州に5Gのトレーニング施設を設立
Sprintは2.5GHzのスペクトラムで5Gデータコールを吹き飛ばしました
米国政府機関によって承認されたT-MobileおよびSprint
エリクソンは6年間で15億人の5Gユーザーを予測
もっと5G記事
スプリント、5Gネットワ​​ークの準備を利用してIoTビジネスを刷新
Verizon、AT&T、追加の5G打ち上げ市場を発表
NTTドコモ、既存の基地局を更新して5Gに移行
AT&T、Shaw、China Mobileの概要5G試行の成功と失敗
T-MobileのJohn Legereがトランプの中国に対する5G野望の恐れに対応