スムージングツール

Alteryxツールアイコン「スムージングツール」(Smooth Tool)をご紹介します

スムージングツール(Smooth Tool)

[空間]カテゴリの[スムージング]ツールを紹介します。

概要

このツールは空間オブジェクトをBスプライン曲線で近似し、なめらかな空間オブジェクトを生成するツールです。ノードを追加して滑らかにするため、ポイント数が増えます(データ量が増えます)。

設定項目

項目 内容
空間フィールド 対象となる空間オブジェクトフィールドを選択します。オプションとして、現状の空間オブジェクトを出力するかを選べます。
スムージング スムージング 対象空間オブジェクトのポイント数が倍になるように生成します。
より滑らかなスムージング 対象空間オブジェクトのポイント数が4倍になるように生成します。
非常に滑らかなスムージング 対象空間オブジェクトのポイント数が8倍になるように生成します。
最大半径 曲線を生成する時の最大半径になります。値を大きくすると滑らかさが減少します。
単位 キロメートル/マイルから選択します。
最大半径のN%をスムージング後に一般化処理する スムージングにファイルサイズを調整するために一般化処理(Generalize)を行います。一般化処理の詳細は「一般化ツール」を参照願います。
レイヤー全体の整合性を保持 デフォルトではチェックが入っています。オブジェクト間のギャップやオーバーラップが発生しないようにします、とのことなので、チェックをつけておいたほうが無難かと思います。

※2020.4時点では削除されています

サンプル

スムージングオプションによる変化

スムージングオプション 画像 ノード数 データ容量
なし スムージングツールサンプル1 12 268 bytes
スムージング スムージングツールサンプル2 31 572 bytes
より滑らかなスムージング スムージングツールサンプル3 65 1.0K bytes
非常に滑らかなスムージング スムージングツールサンプル4 73 1.2K bytes

 

最大半径の違いによる変化

スムージングオプションは「スムージング」の状態で、最大半径だけ0.1と1(単位はキロメートル)で変化させてみました。

最大半径の違いレジェンド

結果としては、最大半径が小さい方が滑らかになるという結果となります。

データサイズ的にはやはり滑らかな方が大きくなります。

最大半径 データサイズ
0.1 572 bytes
1 364 bytes
オリジナル 268 bytes

※スムージングオプション:スムージング

まとめ

本ツールは、カクカクしたポリゴンなどを滑らかにする用途に使われます。

例えば、複雑な形状のポリゴンを一般化ツールでデータサイズを大きく落としていくと、形状がどうしてもカクカクしてきますので、そのような際にスムージングツールを使うことで滑らかにすることができます。スムージングツールによるデータサイズアップというデメリットはありますが、元の形状が複雑であればそれほど影響は大きくないので、用途に応じて使ってください。

サンプルワークフローダウンロード

Sample_Smooth 

 

※Alteryx Designer 2020.4時点の情報です。

Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は4週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事