Googleシート入力

Alteryxツールアイコン「Googleシート入力ツール」(Google Sheets Input Tool)をご紹介します

 Googleシート入力Googleシート入力(Google Sheets Input Tool)

[コネクタ]カテゴリの[Googleシート入力]ツールについて紹介します。

概要

Googleのスプレッドシートからデータの取得を行うツールです。

設定項目

設定を行うためには2段階のステップを踏む必要があります。

  1. ログイン情報設定(Googleシートにサインインする)
  2. 読み込みファイルの選択

1.ログイン情報設定(Googleシートにサインインする)

ログイン設定

設定項目 設定内容
ユーザーログイン Googleアカウントのログイン情報を用いてログインを行います。ただし、60分ごと、もしくは新規ワークフローを開くごとに資格情報を入力する必要があります。分析アプリ(AnalyticApp)で利用する場合は制限があります。※後述します
開発者ログイン APIの資格情報を用いてログインを行います。APIへのアクセス方法を知っている必要があります。ただし、資格情報は1度入力すれば、再入力の必要はありません。
ユーザーログインの場合

「ユーザーログインボタン」をクリックすると、Googleへのログイン画面が表示されます。

Googleログイン

この後、パスワード入力画面などが表示されますが、組織等によって異なるかと思います。ログインに成功すると、アクセス権限のリクエスト画面が出てきます。

権限のリクエスト

ここでは「許可」をクリックしてください。

開発者ログインの場合

「開発者ログインボタン」をクリックすると、ログイン情報入力画面が表示されます。

開発者ログイン

必要となる「クライアントID」「クライアントシークレット」「リフレッシュトークン」を入力してください。

2.読み込みファイルの指定

ログインが完了すると、読み込むスプレッドシートを選択する画面になりますので、読み込みたいファイルを指定してください。

読み込みファイルの指定

その後、シート選択の画面に移行します。ここではシートの選択とオプションが指定できます。

シートの選択

オプション 内容
最初の行はフィールド名を含む 最初の行をフィールド名として使用します
シート選択 読み込むシートを選択します

 

実際の読み込みサンプル

実際に読み込んだサンプルを掲載します。

表そのままが取り込まれるわけではなく、ある程度整形して取り込まれます。

  • 読み込まれたフィールドはすべて文字列型(V_WString)
  • 余計な空白行は取り除かれる
  • データの存在しない列はスキップ
  • フィールド名が存在しない場合のフィールド番号は元々左から数えた列数となる(空白はスキップせずにカウント)
  • 「最初の行はフィールド名を含む」オプション有効であれば、データのある最初の行がフィールド名として使用される

読み込みサンプル

分析アプリ利用時の制限について

Googleシート入力ツールを使用する際、分析アプリでの使用について一つ制限があります。

本ツールのユーザーログインの場合のログイン情報の有効期限は60分です。そのため、分析アプリ形式(YXWZ形式)で保存した際、60以上(正確にはユーザーログインを行ってから60分後)経過してから分析アプリを使用しようとすると、未ログインの状態となり、Googleシートからのデータのダウンロードができません。

分析アプリでのエラー

その場合、Alteryx Designerで再度開き直し、ログインの状態にしてから再度保存し直す必要があります。

つまり、分析アプリを使うのであれば、ユーザーログインではなく、開発者ログインの機能を使う必要があります。

※Alteryxのワークフローファイルにはキャッシュ的にログイン情報が残っており、その情報を使うためです。動的にログインさせるような機能は現状では実装されていません。

 

Alteryx Designer Ver 2019.3.5.17947時点の情報です

Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は2週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事