Alteryx関数シリーズキャッチ用

Alteryxで使用できる関数の「文字列関数」の使い方をご紹介します

文字列関数は、文字列型のデータに対して、加工や検索を行う関数です。

フォーミュラツールの文字列関数の一覧

カテゴリ 関数名 概要 対応するExcel関数
判断 Contains(String, Target) 指定した文字列が含まれているかチェックします -
取得 CountWords(string) 文字列の単語数を取得します -
判断 EndsWith(String, Target) 文字列が指定した文字列で終わるかチェックします -
判断 StartsWith(String, Target) 文字列が指定した文字列で始まるかチェックします -
取得 FindString(String, Target) 文字列内の指定した文字列を取得します Search/Find(String, Target)
取得 GetWord(string, n) 文字列内の指定したの単語を取得します -
取得 Left(String, len) 文字列の左から指定した文字数の文字列を取得します LEFT(String, len)
取得 Right(String, len) 文字列の右から指定した文字数の文字列を取得します RIGHT(String, len))
取得 Length(String) 文字列の文字数を取得します LEN(String)
変換 LowerCase(String) 大文字を小文字に変換します LOWER(String)
変換 Uppercase(String) 小文字を大文字に変換します UPPER(String)
変換 TitleCase(String) 最初の文字は大文字、他の文字はすべて小文字に変換します PROPER(String)
取得 PadLeft(String, len, char) 指定された文字列を左に埋め込みます -
取得 PadRight(String, len, char) 指定された文字列を右に埋め込みます -
取得 REGEX_CountMatches(String, pattern) 文字列内で、指定したパターンと一致した単語の数を取得します -
判断 REGEX_Match(String, pattern) 文字列が指定したパターンと一致するかチェックします -
変換 REGEX_Replace(String, pattern, replace) 文字列の中で、指定したパターンと一致する部分を置き換えます -
変換 Replace(String, Target, Replacement) 指定した文字列を置き換えます SUBSTITUTE(String, Target, Replacement)
変換 ReplaceChar(String, y, z) 指定した文字を置き換えます SUBSTITUTE(String, y, z)
変換 ReplaceFirst(String, Target, Replacement) 文字列の最初の指定した文字列を置き換えます -
取得 STRCSPN(String,y) 指定した文字列にない文字で構成される文字列の、最初のセグメントの長さを取得します -
取得 STRSPN(String,y) 指定した文字列にある文字で構成される文字列の、最初のセグメントの長さを取得します -
取得 Substring(String,start,length) 指定される長さと開始位置で文字列を取得します MID(String,start,length)
変換 StripQuotes(String) 文字列の引用符を削除します -
変換 Trim(String,y) 指定した文字を文字列から削除します -
変換 TrimLeft(String,y) 指定した文字を文字列の先頭から削除します -
変換 TrimRight(String,y) 指定した文字を文字列の末尾から削除します -
取得 UuidCreate() ユニークな識別子を作成します -

 

各関数の使い方とサンプル

Contains ・・・ 指定した文字列が含まれているか確認

Contains(String, Target, CaseInsensitive)

String で指定した文字列の中に、Target で指定した文字列が含まれるか確認します。Target で指定した文字列が含まれる場合は True、それ以外の場合は False を返します。

オプションとしてCaseInsensitive で 0 または 1 を指定できます。(CaseInsensitive で 0 を指定すると大文字小文字を区別し、 1 を指定すると大文字小文字を区別しない設定になります。)CaseInsensitive を指定しない場合は、デフォルトとして大文字小文字を区別しない設定になります。

 

Sample

下の例では、「Address」列の文字列の中に、「Denver」という文字列が含まれるか確認しています。CaseInsensitive で 0 を指定して大文字小文字を区別しているため、2 行目の小文字の「denver」が含まれ場合は False が返っています。

 

 

CountWords ・・・ 文字列内の単語数をカウント

CountWords(string)

String で指定した文字列に対して、スペースで区切られた単語数を返します。戻り値は数値型となります。

 

注意

CountWords関数では、半角のスペース(半角の空白)のみを単語の区切りとして判断します。全角文字の空白は半角英数字と同様に処理されるため、単語の区切りとして認識されないので注意してください。

Words CountWords関数 結果 補足
I have a pen. 4 「I  /  have / a / pen.」で4単語。(単語の区切りが全て半角空白のため、正常に単語がカウントされます。)
I have a pen. 3 「I / have / a pen.」で3単語。(have と a の間の区切りが全角空白のため、単語の区切りとして認識されず「a pen.」が一つの単語としてカウントされます。)
私は ペンを 持っています。 1 使われているすべての空白が全角のため、単語の区切りが無い、文全体で一つの単語であると判断されます。
Sample

下の例では、「Address」列のスペースで区切られた単語数を取得できました。

 

 

StartsWith ・・・ 指定した文字列で始まるかを確認

StartsWith(String, Target, CaseInsensitive=1)

String で指定した文字列が、Target で指定した文字列で始まるかどうか確認します。戻り値はBool型となります。文字列が指定の文字列で終わる場合はTrue、それ以外はFalseを返します。

オプションとしてCaseInsensitive で 0 または 1 を指定できます。(CaseInsensitive で 0 を指定すると大文字小文字を区別し、 1 を指定すると大文字小文字を区別しない設定になります。)CaseInsensitive を指定しない場合は、デフォルトとして大文字小文字を区別しない設定になります。

 

Sample

下の例では、「Address」列が「USA」という文字列で始まるか確認しています。CaseInsensitive を指定していないため、デフォルト設定で大文字小文字を区別しないようになっています。

 

 

EndsWith ・・・ 指定した文字列で終わるかを確認

EndsWith(String, Target,CaseInsensitive=1)

String で指定した文字列が、Target で指定した文字列で終わるかどうかをチェックします。戻り値はBool型となります。文字列が指定の文字列で終わる場合はTrue、それ以外はFalseを返します。

オプションとしてCaseInsensitive で 0 または 1 を指定できます。(CaseInsensitive で 0 を指定すると大文字小文字を区別し、 1 を指定すると大文字小文字を区別しない設定になります。)CaseInsensitive を指定しない場合は、デフォルトとして大文字小文字を区別しない設定になります。

 

Sample

下の例では、「Address」列が「80206-4205」という文字列で終わるか確認しています。

 

 

FindString ・・・ 指定した文字列の出現位置を取得

FindString(String, Target)

String で指定した文字列に対して、Target で指定した文字列の出現位置を返します。戻り値は数字となります。

最初の文字位置を0ベースのインデックスとして、何文字目に指定した文字列が出現するか、出現位置の数値を返します。文字列内に指定した文字列を含まれない場合は-1を返します。

 

Sample

下の例では「Name」列の文字列に対して、0 から数えて何文字目に「太郎」という文字列が出現するか確認しています。「太郎」という文字列が含まれない場合は -1 の値が返っています。

 

 

GetWord ・・・ 指定した位置の単語を取得

GetWord(String, n)

String で指定した文字列の中で、n 番目の単語を取得します。戻り値は文字列となります。最初の文字位置を0ベースのインデックスとして、 n番目の単語(スペースで区切られた文字の集合)を返します。

注意

GetWord関数では、半角のスペース(半角の空白)のみを単語の区切りとして判断します。全角文字の空白は半角英数字と同様に処理されるため、単語の区切りとして認識されないので注意してください。

Words 補足
I have a pen. 「I  /  have / a / pen.」で4単語。(単語の区切りが全て半角空白のため、正常に単語がカウントされます。)
I have a pen. 「I / have / a pen.」で3単語。(have と a の間の区切りが全角空白のため、単語の区切りとして認識されず「a pen.」が一つの単語としてカウントされます。)
私は ペンを 持っています。 使われているすべての空白が全角のため、単語の区切りが無い、文全体で一つの単語であると判断されます。
Sample

下の例では「Name」列の文字列に対して、0 から数えて 1 番目の単語を取得しています。取得できない場合は Null が返っています。

 

 

Left ・・・ 指定した文字数を抽出

Left(String, len)

String で指定した文字列に対して、左から len 番目までの文字を抽出します。戻り値は文字列となります。len が0より小さい、または文字列の長さより大きい場合、String で指定した文字列がそのまま返ります。

 

Sample

下の例では「Address」列の文字列に対して、左から 6 文字を取得しています。3 行目では「Address」列が 6 文字未満のため、「Address」列の値がそのまま返っています。

 

 

Right ・・・ 指定した文字数を抽出

Right(String, len)

String で指定した文字列に対して、右から len 番目までの文字を抽出します。戻り値は文字列となります。len が0より小さい、または文字列の長さより大きい場合、String で指定した文字列がそのまま返ります。

 

Sample

下の例では「Address」列の文字列に対して、右から 6 文字を取得しています。3 行目では「Address」列が 6 文字未満のため、「Address」列の値がそのまま返っています。

 

 

Length ・・・ 文字列の長さを取得

Length(String)

String で指定した文字列の文字数を取得します。戻り値は数値型になります。(半角、全角の空白も1文字と数えられます。)

 

Sample

下の例では「Address」列の文字列に対して、右から 6 文字を取得しています。3 行目では「Address」列が 6 文字未満のため、「Address」列の値がそのまま返っています。

 

 

LowerCase ・・・ 大文字を小文字に変換

LowerCase(String)

String で指定した文字列に対して、大文字を小文字に変換します。戻り値は文字列となります。

 

Sample

下の例では、「Name」列の大文字が小文字に変換されました。

 

UpperCase ・・・ 小文字を大文字に変換

UpperCase(String)

小文字を大文字に変換します。戻り値は文字列となります。

 

Sample

下の例では、「Name」列の小文字が大文字に変換されました。

 

TitleCase ・・・ 文字列を先頭文字を大文字、それ以外は小文字に変換

TitleCase(String)

String で指定した文字列のアルファベットに対して、最初の文字は大文字、それ以外の文字はすべて小文字に変換します。戻り値は文字列となります。アルファベット以外の文字については String の文字がそのまま返ります。

 

Sample

下の例では「Name」列のアルファベットの文字列が、最初の文字は大文字、それ以外の文字がすべて小文字に変換されました。

 

 

PadLeft ・・・ 文字列の埋め込み

PadLeft(String, len, char)

String で指定した文字列に対して、左に char で指定した文字列を埋め込みます。全体の文字数は len で指定された文字数に調節されます。戻り値は文字列となります。char」 が2文字以上の場合、最初の文字のみが使用されます。

 

Sample

下の例では「TEL」列の 4 文字に対して、全体の文字数が 11 文字になるように、左に「X」が埋め込まれました。

 

PadRight ・・・ 文字列の埋め込み

PadRight(String, len, char)

String で指定した文字列に対して、右に char で指定した文字列を埋め込みます。全体の文字数は len で指定された文字数に調節されます。戻り値は文字列となります。char」 が2文字以上の場合、最初の文字のみが使用されます。

 

Sample

下の例では「TEL」列の 3 文字に対して、全体の文字数が 11 文字になるように、右に「X」が埋め込まれました。

 

 

REGEX_CountMatches ・・・ 指定したパターンと一致する文字列をカウント

REGEX_CountMatches(String, pattern,CaseInsensitive=1)

String で指定した文字列の中で、pattern で指定した文字列や正規表現と何回一致したかカウントして返します。戻り値は数字となります。

オプションとしてCaseInsensitive で 0 または 1 を指定できます。(CaseInsensitive で 0 を指定すると大文字小文字を区別し、 1 を指定すると大文字小文字を区別しない設定になります。)CaseInsensitive を指定しない場合は、デフォルトとして大文字小文字を区別しない設定になります。

 

Sample1

下の例では「Address」列に対して、「Denver」という文字列が何回一致したかを取得しています。CaseInsensitive を指定していないため、デフォルトとして大文字小文字を区別しない設定になっています。

 

Sample1

下の例では「Address」列に対して、正規表現「-\d{4}」(ハイフン - の後に数字4文字)で表される文字列が何回一致したかを取得しています。CaseInsensitive を指定していないため、デフォルトとして大文字小文字を区別しない設定になっています。

 

REGEX_Match ・・・ パターンと一致するかを確認

REGEX_Match(String, pattern)

String で指定した文字列の中で、pattern で指定した文字列や正規表現が存在するかチェックします。戻り値はBool型となります。

オプションとしてCaseInsensitive で 0 または 1 を指定できます。(CaseInsensitive で 0 を指定すると大文字小文字を区別し、 1 を指定すると大文字小文字を区別しない設定になります。)CaseInsensitive を指定しない場合は、デフォルトとして大文字小文字を区別しない設定になります。

 

Sample

下の例では「Address」列に対して、正規表現「-\d{4}」(ハイフン - の後に数字4文字)で表される文字列が存在するか確認しています。

 

 

REGEX_Replace ・・・ パターンと一致する部分の置き換え

REGEX_Replace(String, pattern, replace)

String で指定した文字列の中で、pattern で指定した文字列や正規表現を、replace で指定した文字列に置き換えます。戻り値は文字列となります。

オプションとしてCaseInsensitive で 0 または 1 を指定できます。(CaseInsensitive で 0 を指定すると大文字小文字を区別し、 1 を指定すると大文字小文字を区別しない設定になります。)CaseInsensitive を指定しない場合は、デフォルトとして大文字小文字を区別しない設定になります。

 

Sample

下の例では「Address」列に対して、正規表現「-\d{4}」(ハイフン - の後に数字4文字)で表される文字列を、空白("")に置き換えることで削除しています。

 

 

Replace ・・・ 目標文字列の置き換え

Replace(String, Target, Replacement)

String で指定した文字列内の、Target で指定した文字列を、Replacement で指定した文字列で置換します。戻り値は文字列となります。

 

Sample

下の例では「Mail」列に対して、文字列「kccs」を「kcme」で置換しています。

 

 

ReplaceChar ・・・ 指定した文字の置き換え

ReplaceChar(String, y, z)

String で指定した文字列内の y で指定した文字を、z で指定した文字で置換します。yで指定する文字はカンマ( , )で区切ることによって複数指定できます。戻り値は文字列となります。

 

Sample

下の例では「Address」列に対して、「凍」または「車」の字を、「東」の字で置換しています。

 

ReplaceFirst ・・・ 文字列内の最初に出現する文字列の置き換え

ReplaceFirst(String, Target, Replacement)

String で指定した文字列内の、最初に出現するTarget で指定した文字列を、Replacement で指定した文字列で置換します。戻り値は文字列となります。

Replacement関数が String 文字列内のすべての Target 文字列を置換するのに対して、ReplaceFirst関数は最初(一番左)の Target文字列のみを置換します。

 

Sample

下の例では「Address」列内の一番左の「JP」を、空白で置換することで削除しています。

 

 

ReverseString ・・・ 文字の反転

ReverseString(String)

String で指定した文字列の順番を反転します。戻り値は文字列型となります。

 

Sample

下の例では「Address」列の文字の順番を反転させた文字列を取得しています。

 

 

STRCSPN ・・・ 指定文字以外で構成されるセグメントの文字数を取得

STRCSPN(String,y)

String で指定した文字列に対して、y で指定した文字以外で構成される文字列の、最初のセグメントの長さを返します。y には複数の文字を指定できます。戻り値は数字となります。

 

Sample

下の例では「Address」列の文字の中で、特殊文字である「,」「@」「#」以外の文字で構成される最初のセグメントの文字数を取得しています。Length関数で取得した文字数「length」列と比較すると、4行目、5行目は特殊文字が入っていないため、STRCSPN関数の結果と同じ値が取得されています。

 

 

STRSPN ・・・ 指定した文字で構成されるセグメントの文字数を取得

STRSPN(String,y)

String で指定した文字列に対して、y で指定した文字で構成される文字列の、最初のセグメントの長さを返します。y には複数の文字を指定できます。戻り値は数字となります。

 

Sample

下の例では「Address」列に対して、文字「x」より左の数字(0 から 9 の数字で構成される文字列)を取得しようとしています。

STRSPN関数とLEFT関数を組み合わせて、目的の文字列を取得しています。

 

 

Substring ・・・ 一部の文字列の抽出

Substring(String, start, length)

String で指定した文字列に対して、指定される長さと開始位置で文字列を返します。start で左から何文字目からを抽出をスタートするかを指定し、length で抽出する文字数を指定します。戻り値は文字列となります。

 

Sample

下の例では「Address」列に対して、文字「x」の右2桁の数字(0 から 9 の数字で構成される 2 文字)を取得しようとしています。

STRSPN関数とSubstring関数を組み合わせることで、目的の文字列を取得しています。

 

 

StripQuotes ・・・ 引用符の削除

StripQuotes(String)

文字列から引用符を削除します。戻り値は文字列となります。

Sample

下の例では、「Address」列に対して文字列の末尾から引用符またはアポストロフィーを削除しています。

 

 

Trim ・・・ 文字の削除

Trim(String,y)

「y」で指定した文字を、文字列の先頭と末尾から削除します。戻り値は文字列となります。「y」を指定しない場合は、デフォルトで両端の空白を削除します。

 

TrimLeft ・・・ 先頭の文字を削除

TrimLeft(String,y)

「y」 で指定した文字を、文字列の先頭から削除します。戻り値は文字列となります。「y」を指定しない場合は、デフォルトで先頭の空白を削除します。

 

TrimRight ・・・ 末尾の文字を削除

TrimRight(String,y)

「y」で指定した文字を、 文字列の末尾から削除します。戻り値は文字列となります。「y」を指定しない場合は、デフォルトで末尾の空白を削除します。

 

Sample(Trim関数、TrimLeft関数、TrimRight関数)

 

 

UuidCreate ・・・ 固有識別子の生成

UuidCreate()

ユニークな識別子を作成します。戻り値は文字列となります。パラメータはありません。ワークフローを実行する度に、毎回異なるユニークな識別子が作成されます。

 

Sample

下の例では、UuidCreate関数でユニークな識別子(ユニークID)を作成しています。

 

サンプルワークフローダウンロード

Formula_Function_String 

 

※Alteryx Designer 2019.1.6.58192時点の情報です

Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は4週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事