【Alteryx Tips】AlteryxのPythonツールでPDFの取り込みを行ってみよう【準備編】

PythonツールでPDFを取り扱ってみよう

目標

Alteryx2018.3で導入された「Python Tool with Jupyter Notebook」でPythonコードが扱う事ができるようになりました。

今回はこのツールを使い、PDFの取り込みを行ってみましょう。

PDFの取扱はANALYTICS GALLERYにも「Rツール」を使った方法が公開されていますが、文字列の取り込みのみになってます。

せっかくのPythonでの実装ですので画像も取り込めるようにしてみましょう。

Pythonツールの基礎

Pythonツールですが正式名称からもわかるようにエディタ画面は「Jupyter Notebook」です。基本的な使い方は「Jupyter Notebook」に準拠します。

「Jupyter Notebook」ホームページ

AlteryxのPython用の専用コマンドは以下があります。

コマンド 説明
Alteryx.read( "<input connection name>" ) Pythonツールに接続されてる入力データを読み取ります。
Alteryx.write( <pandas dataframe><output anchor> ) Pythonツールからのアウトプットを指定する命令です。
Alteryx.installPackages( "<package name or list of package names>" ) パッケージのインストール用コマンドです。
Alteryx.getIncomingConnectionNames( ) Pythonツールに接続されてる入力名のリストの取得になります。

例:

['#2', '#1']

などが取得できます。

注意Pythonツールの出力に使えるデータはPandasデータフレームになります。

 

Pythonの初期設定

Pythonの環境ですが今回は以下を使用してます。

Python Python3.6
導入パッケージ PDFMiner3K(PDFライブラリ)
Pillow(画像処理ライブラリ)

注意PythonのVersionが異なる場合はパッケージが変わります。

ライブラリの導入方法

通常Pythonでのパッケージ導入は「pip install」コマンドを使用しますが、AlteryxのPythonツールでは「Alteryx.installPackages」コマンドを使います。

パッケージインストールが成功すると、Successfully となります。

もしAlteryx上でインストールできない場合は、コマンドプロンプトより、Python pip installコマンドでインストールを行います。

一度パッケージの導入を行えば「Alteryx.installPackages」コマンドは不要となります。利用するときは「import」コマンドで利用します。

 

今回は「PDFMiner3K」「Pillow」の2つをインストールします。

 

これで一通りの準備が完了しまいした。次回よりPDFの取り込み方法の説明をいたします。

つづき【Alteryx Tips】AlteryxのPythonツールでPDFの取り込みを行ってみよう【プログラムコードの作成編】
2019.2.7
PythonツールでPDFの取り込みを行ってみよう 本記事は、前回の記事の続きとなります。 PDFを取り込む 基本構成を考える まずは基本構成を考えます。前提となりますがAlteryxではPDFデータの取扱はそのままでは出来ません。 しかしPythonツールをInputツールの代わりに使うことでPD...

 

※Alteryx Version 2018.3.5時点での情報です

  • Alteryxカテゴリ_Connectors
    Alteryxツールアイコンの概要紹介(コネクタ/Connectors)
  • 【Alteryxアイコン200連発】マップ入力ツール(Map Input Tool)
  • 【Alteryx Tips】AlteryxのPythonツールでPDFの取り込みを行ってみよう【準備編】
  • 【Alteryxアイコン200連発】サンプルIn-DBツール(Sample In-DB Tool)
  • 【Alteryxアイコン200連発】現在日時ツール(Date Time Now Tool)
  • Alteryxカテゴリ_Predictive
    Alteryxツールアイコンの概要紹介(予測/Predictive)
Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は2週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事