【Alteryxアイコン200連発】オーバーレイツール(Overlay Tool)

Alteryxツールアイコン「オーバーレイツール」(Overlay Tool)をご紹介します

 オーバーレイツール(Overlay Tool)

[レポーティング]カテゴリの[オーバレイ]ツールについて紹介します。

概要

このツールは「レポーティング」カテゴリのツールで作成したオブジェクト(画像、表、グラフ)などを重ねて表示することができます。

例えばグラフを並べて、右下にロゴを配置する形式のレポートなどが作成できます。

設定項目

レポートツールは主にベースの選択と、ベース上に配置するオブジェクトの位置を選択します。

設定 内容
ベースフィールド ベースとなるオブジェクトを選択します。オーバーレイ出力されるオブジェクトのサイズはベースオブジェクトの大きさとなります。
オーバーレイフィールド オブジェクト(グラフやテーブルなど)を、9分割された場所に配置します。
Padding 余白設定です。
出力にソースフィールドを含める チェックすると、このツールに入力されたフィールドが出力されます。

注意点

オーバレイツール自身の設定は難しくありませんが、ベースと表示させるオブジェクトのサイズの調整が必要となります。

例えば次のサンプルはベースオブジェクトのサイズをオーバーする場合です。左から順に配置された図が重ねられているのがわかります。

オーバーレイツールを使用する場合は各オブジェクトのサイズを把握する必要があります。

オーバーレイの基本的テクニック

ベースオブジェクトの作成

ベースオブジェクトのもっとも簡単な作成方法は空白の「レポートテキスト」ツールに「レイアウト」ツールを接続し、サイズを固定で直接入力します。

 

ロゴマークなどを右下に入れる

オーバーレイツールでは前述の通り9等分にしか配置できません。

ロゴマークなどを任意の位置に配置する場合は、まずロゴマークの配置用オーバレイでベースの部分を作成し、表などのオブジェクト配置用オーバーレイをさらに利用する形となります。

①ロゴマーク用として、空白のベースオブジェクトを作成し、ロゴマークを右下に配置します。

②①で作成したオブジェクトをベースにしてグラフを配置します。

  

ロゴマークをどの位置に配置するかを考えながら「Padding」を設定します。ロゴマーク用オーバレイで出力された結果を、グラフなどオブジェクトを配置するオーバーレイのベースとして使用します。この時ベースオブジェクトに既にロゴマークが配置されてますので、グラフが重ならないように「Padding」を調整します。「Padding」設定値が誤ってると、下記の様にロゴマークの上半分が消えてしまったりします。

なかなか思ったように配置できないので試行錯誤が必要かもしれません。

※Alteryx Version 2018.2.5時点での情報です

  • Alteryxカテゴリ_Parse
    Alteryxツールアイコンの概要紹介(パース/Parse)
  • 【Alteryxアイコン200連発】ランダム%サンプリングツール(Random n[%] Records Tool)
  • 【Alteryxアイコン200連発】アレンジツール(Arrange Tool)
  • 【Alteryxアイコン200連発】加重平均ツール(Weighted Average Tool)
  • Alteryxカテゴリ_Connectors
    Alteryxツールアイコンの概要紹介(コネクタ/Connectors)
  • 【Alteryxアイコン200連発】正規表現ツール(Regular Expression Tool)
Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は2週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事