【AlteryxTips】Alteryxで会計年度を扱う

Alteryxで会計年度を扱ってみましょう

会社で数字を扱い際に登場するのが「会計年度」です。「会計年度」は、何月からその期がスタートするのか、ということになりますが、日本ですと4月始まりの会社が多いかと思います。

会社の収支は会計年度で計算するので、会計年度に合わせて集計を行いたい、ということになると思います。

例えば、4月始まりであれば、2019年4月1日~2020年3月31日までが1つの期となるので、単に頭の年を取っても計算ができません(2019と2020の2つ年が入ってきてしまいますし、その2つを合算すると不要な月のデータまで入ってきます)。

もちろん、必要な月のデータだけ抜き出せば、その抜き出したデータ全体で合計するだけになるのですが、例えばファイルが分かれていればそういうことも簡単ですが、そうでないケースが多いかと思います。

ということで、Alteryxで簡単に会計年度で処理を行う方法をご紹介します。

会計年度の日本式・アメリカ式

会計年度の考え方として、まず気をつける必要があるのが、アメリカ式と日本式です。この違いは、日本式とアメリカ式では1年ズレるということです。

日本式の場合は、期の始まりの年月の暦の年で年度を呼びます。2019年4月に開始された期は、2019年度となります。

アメリカ式の場合は、締めの年月が属する暦の年で年度を呼びます。2020年3月に終了した期は、2020年度となります。

つまり、2019年4月~2020年3月の期は以下のようになります。

  • 日本式:2019年度
  • アメリカ式:2020年度

同じ期間であっても、アメリカ式の方が+1年されるイメージとなります。

Alteryxで、どう表現するか?

まずは、4月が期の始まりの会社のことを考えてみたいと思います。

フォーミュラツールなどでがんばってIF文などを駆使して作ることもできますが、簡単にできる方法があります。無理やり1月スタートにズラして、頭の4桁の数字を取得すれば年度が取得できます。

つまり、

会計年度の計算イメージ

といった感じで、4月1日を1月1日にスライドさせてしまえば、年をそのまま使うことができます。

Alteryxの計算式で表現するなら、

【日本式の場合】 ※3ヶ月マイナス

DateTimeAdd([販売日],-3,"Month")

【アメリカ式の場合】 ※9ヶ月プラス

DateTimeAdd([販売日],9,"Month")

となります。

あとは、Left関数で左から4文字取るなり、「日時」ツールのカスタムで「yyyy」とするなりすれば年度が取得可能です。

汎用的な関数

先程の例はあくまで4月始まりの会社の想定ですので、足したり引いたりする月数はスタート月によって変わります。

例として、[始まり月]という項目を作っておけば、以下のような計算式で汎用的に利用可能です。

【日本式の場合】 

DateTimeAdd([販売日],1-[始まり月],"Month")

【アメリカ式の場合】 

DateTimeAdd([販売日],13-[始まり月],"Month")

となります。

サンプルワークフロー

「日付データ」というデータの[Date]という項目を年度に変換していきたいと思います。

サンプルWF

関数は汎用タイプで行きたいと思うので、指定する年度の始まり月をテキスト入力ツールに入力し(今回のサンプルでは4月で行きます)、新たなフィールドとして付加するために、フィールド付加ツールで「日付データ」に付加します。

会計年度を算出する部分は、フォーミュラツールになります。以下のように設定しています。

フォーミュラツール設定

DateTimeAddで日付をスライドし、Left関数で左から年度部分を切り出しています。

最終的なWFの実行結果は以下の通りとなります。

出力サンプル

日本式、アメリカ式両方出力していますが、4月始まりとなっています。

サンプルワークフローダウンロード

会計年度サンプル 

 

※Alteryx Designer 2020.1.23790時点の情報です

Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は2週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事