Excelで苦労していることを解決できるのがAlteryxです

Excelでお困りのことはありませんか?Alteryxで解決できます。

Excelって非常に良いソフトです

「データを何かしら加工したい」ということであれば、まず思い浮かぶのがMicrosoft社のExcelです(非Microsoftの方ごめんなさい)。

データの集計はもちろんのこと、表計算ソフトと言いつつも、グラフ作成、お絵かき(!)、ワープロソフト代わりに使うことも可能です(良い悪いは別として)。

そして、たいていどのパソコンにもインストールされているでしょうし、効率化しようとした時にマクロ(VBA)で比較的手軽に自動化ということもできてしまいます。手軽かつ応用が効き、使える人が多いというのが非常によく使われるポイントかと思います。

良いことばかりじゃないExcel

しかしながら、良いことばかりでもありません。Excelにまつわる最近よく聞くネガティブなキーワードとして、「Excel職人」「ネ申エクセル(神エクセル)」「Excel方眼紙」などがあげられます。これは、「属人化」や「非効率なもの」などを想像させるような話かと思います。

また、最近の世の中の流れとして、ありとあらゆるところでデータが生成されるようになり、さらにデータ量は増大傾向となっています。Excelも世の中の流れに合わせ、Excel2007からそれまでの65,535行までしか扱えないという制限は撤廃されましたが、それでもビッグデータなどになると1億行を超える規模となり、到底Excelでは扱い切れるデータ量ではありません。

Excelの課題はAlteryxで解決できます

改めてExcelでのデータ処理を考えると、以下のような課題があるかと思います。

  • 手作業における処理ミスの発生(例:ひたすらvlookupでデータ更新・・・)
  • 新しいデータがくると、また同じ作業をしなければならない
  • 自動化にはマクロ(VBA)が必要
  • 大量のデータを扱うと非常に処理に時間がかかる(数万件のvlookup等)
  • 処理の過程がわかりにくい(計算式の読み解きが必要・・・)

弊社で取り扱っているAlteryxというソフトウェアは、ETL機能に強く、ノンプログラミングでデータ処理が可能ということで、上にあげたExcelの問題点を解決することが可能です。順に説明していきたいと思います。

ETL(Extract-Transform-Load):複数のデータソースをまとめ、単一のデータベースに落とし込んでいく処理

1.手作業における処理ミスの発生、新しいデータが来ると再度同じ作業が必要

Excelの場合
Excelの作業において、ひたすらフィルタ機能とVlookup関数を駆使して最新の情報に更新していく、などという作業を行うことがあるかと思います。このような作業の際、どうしてもフィルタのかけ間違え、Vlookupの行ズレ、などなど手作業ですとどうしてもミスが発生しがちになります。
データ量が多ければ、Vlookupの処理自体にも時間がかかるので、例えばミス防止の際に2回同じ作業をやって・・・という防止策も非効率的になってしまいます。定期的に行わなければならない作業であるならば、正直な話2度とやりたくない、と思うような作業であるかと思います。
Alteryxの場合
Alteryxは、アイコンをD&Dしてワークフローを作っていきますが、一度作ってしまえば自動化された処理ができてしまうので、同じ苦行をすることから開放されます。

2.自動化にはマクロが必要

Excelの場合
Excelを自動化する際は、複雑な関数を工夫して作りこむか、マクロに頼る必要があるかと思います。マクロといえば、VBAを覚えていく必要がありますが、例えば複数ファイルを読み込んで、、、といった処理もなかなか初級者にはハードル高いかと思います(そもそもプログラミング言語としてVBAはいまどきのプログラミング言語と比べると機能が貧弱です)。
Alteryxの場合

Alteryxはアイコンをドラッグアンドドロップし、アイコン同士を線で接続、アイコンのプロパティを設定、といった流れでワークフローを作ってきますが、プログラミングはまったく必要ではありません。せいぜいExcelチックな関数が扱えればヨシ、といったところです。

また、Excelでは自動化を思い立ってからマクロを作成するという2段階になるかと思いますが、Alteryxは処理を行った時点(ワークフローを作成した時点)で自動化がすでに終わっているというのも大きな利点で、無駄がありません。

3.大量のデータを扱うと非常に処理に時間がかかる(数万件のvlookup等)

Excelの場合
Excelで数万件のデータをVlookupなどで更新かけようとすると、結構待たされるかと思います。さらに、たまに再計算などの処理が発生すると、複雑なワークブックではかなり待たされてイライラ、、、というシチュエーションもあるかと思います。
Alteryxの場合
Alteryxは元々データベースに貯まっている大量のデータを処理する目的で作られたソフトウェアであるため、大量のデータの扱いは得意です。基本的には、すべてメモリに読み込んで処理するというオンメモリ処理を行っているため、高速な処理が可能です。もっともそのため、Alteryxを使うパソコンは多めにメモリを積む必要がありますが・・・。

4.処理の過程がわかりにくい

Excelの場合
Excelは処理が複雑になると計算式を追うのが苦痛になっていきます。いわゆる計算式の読み解き、ということになりますが、よほど工夫しないと出発点すらわからない、ということもあるかと思います。これもかなり苦痛な作業です。
Alteryxの場合
Alteryxは、処理の過程がアイコンで可視化されており、さらにアイコンの色でジャンルわけされ、形もわかりやすくなっているため、色と形である程度何をやっているのかが把握しやすくなっています。また、データの流れも線で表現されており、どのデータがどのように加工されてアウトプットとなるのか、ということが非常にわかりやすくなっています。

まとめ

Alteryxを使うことで以下の効果が得られます。

  • 大量のデータもへっちゃら!
  • ノンプログラミングで属人化が解消!
  • 一度Alteryxで処理してしまえば、新しいデータが来ても一瞬で作業終了!

 Alteryxで働き方を変えましょう!

関連キーワード
  • 【Alteryxアイコン200連発】サマライズツール(Summarize Tool)
  • 【Alteryxアイコン200連発】オーバーレイツール(Overlay Tool)
  • 【Alteryxアイコン200連発】ユニオンツール(Union Tool)
  • 【Alteryxアイコン200連発】タイルツール(Tile Tool)
  • 【Alteryxアイコン200連発】現在日時ツール(Date Time Now Tool)
  • 【Alteryxアイコン200連発】レコードカウントツール(Count Records Tool)
Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は2週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事