【Alteryxアイコン200連発】累積和ツール(Running Total Tool)

Alteryxツールアイコン「累積和ツール」(Running Total Tool)をご紹介します

累積和ツール(Running Total Tool

[変換]カテゴリの[累積和]ツールについて紹介します。

概要

このツールは、指定フィールドの累積和を算出するツールです。オプション指定で、グループ化しつつ累積を算出することができます。

累積和のイメージとしては以下図の通りとなります。「それまでの合計+新しい行の値=累積和」を繰り返す形となります。

Runningtotal_image

設定項目

ツールの設定項目は非常にシンプルで、グループ化するフィールド名の指定と、累積和を作成するフィールドを指定するだけとなります。

Runningtotal_setting

上記画像のサンプル内では、「Group」というフィールドでグループ化を行い、「Value」という項目に対して累積和の算出を行うような設定となります。

注意

  • 出力結果はグループごとにソートされます(グループ内の順序は同じです)
  • 結果のフィールド名は、入力されたフィールド名に対して「RunTot_」を頭につけます
    • 例:累積和作成フィールド名=「Value」、結果のフィールド名=「RunTot_Value」

サンプル

簡単なデータとして、「Group」「Value」というフィールドを持つデータを準備し、それに対して「Group」フィールドでグループ化してそれぞれ「Value」フィールドにて累積和を作成するサンプルを以下に記載します。

以下のサンプルでは、GroupフィールドにAとBという値があるので、それぞれの値に一致するもの同士のValueを合計し、「RunTot_Value」というフィールドを作成しています。

Runningtotal_sample

複数行フォーミュラ(MultiRowFormula)でも同じことができます

複数行フォーミュラ(Multi Row Formula)でも累積和(Running Total)と同じことができます。

設定方法:
  • 新しいフィールドを作成するにチェックを入れ、フィールド名を入力
  • グループ化オプションにチェック
  • 式:[Row-1:RunTotalValue]+[Value](新規で作成した列の行-1と値の入っている行を足します)

Runningtotal_MultiRowFormula

並べ替えをしたくない場合

累積和ツールでも複数行フォーミュラでもグループ化オプションを使うと並べ替えが行われます。

並べ替えを行いたくない場合は、累積和を実行する順番を覚えておき、累積和を計算後に並べ直すようなワークフローを作る必要があります。

以下のように、累積和ツールの前に「レコードID(Record ID Tool)」後ろに「ソートツール(Sort Tool)」を置きます。

Runningtotal_non_sort

 

※Alteryx Version 2018.4.5時点での情報です

Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は2週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事