【Alteryxアイコン200連発】クロスタブツール(Cross Tab Tool)

Alteryxツールアイコン「クロスタブツール」(Cross Tab Tool)をご紹介します

クロスタブツール(Cross Tab Tool)

[変換]カテゴリの[クロスタブ]ツールについて紹介します。

概要

このツールは縦に持っているデータを横に持つようにピボットを行うツールです。

ツールが動作するためにはヘッダー用の列とデータ用の列が必要なため最低でも2列必要です。イメージで表すと下記になります。

CrossTab_Explain

慣れるまでなかなか思い通りにならないかもしれませんが、慣れると非常に便利なツールです。

設定項目

集計方法は「文字列」「数値」で以下に分かれます。集計はグループ化及び新しいフィールド名に従って行われます。

データ種類 集計方法 内容
文字列(String,WString,V_String,V_WString) 連結 区切りフィールドで指定した区切り記号を使用して値を連結します。
最初 レコード順で最初に見つかった値
最後 レコード順で最後に見つかった値
数値(Byte,Int16,Int32,Int64,FixedDecimal,Float,Double) 値の合計値
平均 値の平均値
カウント(Nullを除外) Nullを含まないレコードをカウント
カウント(Nullを含む) Nullを含むレコードをカウント
行パーセンテージ 集計した値に基づいてパーセントを計算 ※1
列パーセンテージ 集計した値に基づいてパーセントを計算 ※1
行合計 行方向に集計した合計を新しい行で追加します ※1
列合計 列方向に集計した合計を新しい列で追加します ※1
最初 レコード順で最初に見つかった値
最後 レコード順で最後に見つかった値

※1:テーブルツールとの組み合わせで威力を発揮

データの種類:文字列

次のテーブルを変換してみます。

設定

設定は次の通りです。値の集計方法は複数選択出来ます。

①Groupフィールドでグループ化しない場合は結果は以下になります。

新しいヘッダ名が同一の場合は区切り文字「,」で文字列が結合されます。

集計方法を複数選択する場合は以下の接頭辞が付きます

値を集計する方法 接頭辞
連結する なし
最初 First_
最後 Last_
②「Group」フィールドでグループ化する場合は結果は以下になります。

出力にグループ化に選択したフィールドが追加されます。

 

データの種類:数値

データの種類が「数値」の場合、「和」「平均」「Nullを含まないカウント」「Nullを含むカウント」「最初」「最後」の設定が主になるかと思います。それ以外の設定につきましては「テーブル」ツールと組み合わせることで力を発揮します。詳しくは「テーブル」ツールの説明ページで行っています。

【Alteryxアイコン200連発】テーブルツール(Table Tool)
2019.5.1
Alteryxツールアイコン「テーブルツール」(Table Tool)をご紹介します  テーブルツール(Table Tool) カテゴリのツールについて紹介します。 概要 このツールは入力データを表形...

※Alteryx Version 2018.3.5時点での情報です

  • エクスプローラーボックスツール キャッチ
    【Alteryxアイコン200連発】エクスプローラーボックスツール(Explorer Box Tool)
  • Alteryxアイコンカテゴリの紹介
  • Alteryxカテゴリ_TimeSeries
    Alteryxツールアイコンの概要紹介(時系列/Time Series)
  • 【Alteryxアイコン200連発】オーバーサンプルフィールドツール(Oversample Field Tool)
  • 距離ツール キャッチ画像
    【Alteryxアイコン200連発】距離ツール(Distance Tool)
  • alteryx_tableau_catch
    AlteryxとTableau連携について
Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は2週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事