【Alteryxアイコン200連発】ポイント作成ツール(Create Points Tool)

Alteryxツールアイコン「ポイント作成ツール」(Create Points Tool)をご紹介します

CreatePointsポイント作成ツール(Create Points Tool)

[空間]カテゴリの[ポイント作成]ツールを紹介します。

概要

緯度経度座標からポイントタイプの空間オブジェクトを作成するツールです。X座標に経度フィールド、Y座標に緯度フィールドを正しく指定する必要があります。

Alteryxでは空間処理を行う際、緯度経度のみのレコードは利用できず、必ず空間オブジェクトにしないと利用できません(MapInfoなどのGISソフトウェアでも同様です)。

設定項目

CreatePoints_Setting

項目名 内容
Xフィールド(経度) 経度を指定します。フォーマットは3つから選択します。
Yフィールド(緯度) 緯度を指定します。フォーマットは3つから選択します。

 

緯度経度フォーマットについて

緯度経度を示すフォーマットには様々なものがありますが(60進、10進の違いやそもそも書き方が異なる場合もあります)、どのようなフォーマットで緯度経度が表記されているかをここで指定する必要があります。

よく使われる「139.743507、35.643398」などの表記の場合(DEG形式)は「フィールドの値は緯度/経度地理座標系・Float(浮動小数点数)」を選択します。

フォーマット例の元データとして、「度分秒表記:35°38'36.2"N 139°44'36.6"E 10進表記:35.643398, 139.743507」を使います。

選択項目 フォーマット
フィールドの値は緯度/経度地理座標系・Float(浮動小数点数) DEG方式(10進表記)

例 経度:139.743507、緯度:35.643398

フィールドの値は緯度/経度地理座標系・整数(x 1,000,000) DEG方式(10進表記)x 1,000,000

※ミリ秒形式ではありません

例 経度:139743507、緯度:35643398

フィールドの値は投影座標系・Float(浮動小数点数) 地理的な投影法での記載。投影法は「...」ボタンを押して指定してください。デフォルトは一般的に利用されている「WGS84」です。

例 経度:139.746722、緯度:35.640105(Tokyo(Deg)の場合)

 

サンプル

先程の「度分秒表記:35°38'36.2"N 139°44'36.6"E 10進表記:35.643398, 139.743507」の地点に対してのサンプルです。

CreatePoints_Sample

 

CreatePoints_SampleSetting

その他

整数表記の場合のデータタイプについて

「フィールドの値は緯度/経度地理座標系・整数(x 1,000,000)」の場合、データタイプはDoubleなどでも大丈夫です(String型でも一応動きました)。あくまで表記の形式が整数であるのが重要なようです。

入力データの緯度経度が60進形式の場合はどうするか?

入力データが「35°38'36.2"N 139°44'36.6"E」など度分秒表記(DMS形式)の場合は、先にフォーミュラツールなどでの加工が必要になります。計算式は一般的なものですが、1分は1/60度、1秒は1/3600度となるので、以下のように計算します。

35°38'36.2"N → 35+38/60+36.2/3600 → 35.643389

139°44'36.6"E → 139+44/60+36.6/3600 → 139.7435

なお、度、分、秒に分解する必要がありますが、「35°38'36.2"N」というようなフォーマットであれば、「テキストを列に分割する」ツール(Text to Columns)が便利です。

CreatePoints_Sample_60進

なお、緯度経度の表記方法は様々ですので、表記方法にあったパースをする必要があります(今回のはGoogleMapなどから得られるフォーマットであり、一例です)。

フォーミュラツールでもポイント作成ツールと同様のことができます

フォーミュラツールの「ST_CreatePoint」関数を使うことでポイントオブジェクトを作成することができます。ただし、オプションが指定できないみたいなので、「フィールドの値は緯度/経度地理座標系・Float(浮動小数点数)」オプション時と同じようにDEG形式(10進)で値を入力する必要があります。

CreatePoints_Fomulatool

 

 

本ツールを説明する際に利用したサンプルワークフローをダウンロード可能です。

CreatePoints_SampleWorkflow

 

Alteryx Designer Ver 2018.4.5.55178時点の情報です

  • 【Alteryxアイコン200連発】ユニオンツール(Union Tool)
  • Alteryxカテゴリ_documentation
    Alteryxツールアイコンの概要紹介(ドキュメンテーション/Documentation)
  • 【Alteryxアイコン200連発】一般化ツール(Generalize Tool)
  • 【AlteryxTips】分岐ツールの使い方
  • Alteryxカテゴリ_Interface
    Alteryxツールアイコンの概要紹介(インターフェース/Interface)
  • 【Alteryxアイコン200連発】データ入力ツール(Input Data Tool)
Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は2週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事
【AlteryxTips】分岐ツールの使い方
データアナリティクス
Alteryxの分岐ツールと分岐終了ツールの使い方を説明します Alteryxでもヘルプの説明が最も簡略なツールの一つであるにも関わらず、最...