【Designer Cloud】ソート必須のツールでソートせずに実行する方法

Alteryx Designer CloudのDesigner Experienceでソート必須のツールでソートせずに実行する方法をご紹介します

 

Designer CloudのDesigner ExperienceはAlteryx Designer Desktopと同じようなUIで利用することができますが、一部のツールは仕様が異なっています。その中で、Desktop版ではソート必須ではなかったのに、Cloud版ではソート必須のツールがいくつか存在します。

該当するのは以下のツールです。

  • Row ID
  • Tile
  • Select Rows

しかしながら、Row IDツールなどは、データベースであれば時間やレコードIDなどが入っており、そこをソート用のフィールドに指定すればよいかと思いますが、ファイルベースのデータですとそういうものがなかったりするケースも多いかと思います。ただ、入力の並び順そのままで処理したい、ということは多いかと思います。

今回はこのような場合の対処方法をご紹介します。

対処法

Row IDツールなどソート必須のツールの前にFormulaツールですべて同じ内容のフィールドを作り、そこをソート用のフィールドに指定しましょう。

 

つまり、以下のようなワークフローになります。

ここで、Formulaツールでは「for_sort」というフィールドを新たに作成し、すべて同じ値としています(ここではすべて1にしています)。肝心のRow IDツールではソート用に作成したフィールド「for_sort」を指定しています。

これにより、データベースに格納されている順序でIDを振ることができます。

サンプルで確認する

実際に試してみましょう。

NGパターン

まず最初にNGパターンから。

入力データとして以下のようなものとしています(Text Inputツールをデータソースとしています)。

このままRow IDツールを接続して設定してみます。ソートオプションは必須なので、「Column1」を指定しています。

すると、以下のようになります。

OKパターン

それでは、元々の並び順を活かすための設定に変更していきましょう。

まず、Row IDとText Inputツールの間にFormulaツールを追加します。

ここで、Formulaツールを以下の通り設定します。

 

  • フィールド名(Output Column)は適当に入力します(今回は、for_sortとしています)
  • TypeはIntegerとしています(他のTypeでも構いません)
  • 計算式は「1」としています

 

また、Row IDの設定を以下のように変更します。

これにより以下のようになります。

 

 

本記事は、Alteryx Analytics Cloudが2023年4月17日時点の情報で記事を書いております。将来的なアップデート等により動作が変わる可能性がありますので、ご留意ください。

 

Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は4週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事