【Alteryxアイコン200連発】エクスプローラーボックスツール(Explorer Box Tool)

Alteryxツールアイコン「エクスプローラーボックスツール」(Explorer Box Tool)をご紹介します

エクスプローラーボックスツールアイコン エクスプローラーボックスツール (Explorer Box Tool)

[ドキュメンテーション]カテゴリの[エクスプローラーボックス]ツールについて紹介します。

概要

このツールは、ワークフローにドキュメントやフォルダを表示するためのツールです。

PDFファイルなどでドキュメントを作成し、このツールを利用してワークフロー内に表示するような使い方が可能です。

設定項目

エクスプローラーボックス設定

設定項目 内容
URL 表示したいコンテンツのURLを入力します。

実際に入力可能なのは、URL、ファイルパス、フォルダパスとなります。

アドレスバーを非表示にする チェックを入れると、上部に表示されるアドレスバーを非表示にします。これによりユーザーが指定のコンテンツ以外を見ることができないようになります

 

詳細

URLを入力した場合

ブラウザとして機能します。デフォルトでは、Alteryx CommunityのURLが入力されています。

エクスプローラーボックスにURLを入力した例

フォルダパスを入力した場合

通常のWindowsのExplorerとして動作します。以下の内容が利用可能です。

  • フォルダを移動
  • 右クリックメニューの利用
  • ダブルクリックによる関連付けられたプログラムでの起動
  • Alteryxワークフローであればキャンバスへのドラッグ&ドロップ

以下のサンプルは「C:\Program Files\Alteryx」を指定した場合です。

エクスプローラーボックスでフォルダを指定

ファイルパスを入力した場合

以下の形式が表示可能です。

  • PDF
  • HTML
  • XML
  • TXT

試しに、PDFファイルを表示してみました。

エクスプローラーボックスでPDFファイルを表示

対応形式ですが、おそらくブラウザで表示をしているだけだと思われますので、ブラウザで開けるものは何でも開けるようです。

以下は、ローカルにおいているPNG画像を表示したサンプルです。

エクスプローラーボックスでPNG画像を表示

なお、相対パスでの記述も可能ですので、ワークフローと同じフォルダに説明用のテキストなどを置いておけば、一緒に配ることでドキュメントもワークフロー上に表現可能です。

以下サンプルの設定URL「.\テスト用テキスト.txt」

相対パス

※Alteryx Designer 2019.1.4.57073時点の情報です

  • 【Alteryxアイコン200連発】ディレクトリツール(Directory Tool)
  • 【Alteryxアイコン200連発】現在日時ツール(Date Time Now Tool)
  • icon200_SpatialInfo
    【Alteryxアイコン200連発】空間情報ツール(Spatial Info Tool)
  • Alteryxアイコンカテゴリの紹介
  • 【Alteryxアイコン200連発】サマライズIn-DBツール(Summarize In-DB Tool)
  • 【Alteryxアイコン200連発】オーバーレイツール(Overlay Tool)
Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は2週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事
【Tableau拡張機能紹介】Export All
データアナリティクス
Tableauの拡張機能「Export All」を紹介します。 Tableauのバージョン2018.2よりダッシュボードに拡張機能を追加する...