【AlteryxTips】パッケージワークフロー(YXZP)形式とは?

Alteryxのパッケージワークフロー(YXZP)形式について紹介します

パッケージワークフロー(YXZP)とは?

Alteryxで使用されるパッケージワークフロー(YXZP)形式ですが、ワークフローとその依存関係を1つのファイルに圧縮したものです。

つまり、ワークフロー本体、マクロ、接続しているファイルなどを一つのファイルにまとめることができるため、ワークフローの配布に便利な形式となります。

YXZP形式のファイルの作り方

YXZPファイルの作り方は簡単です。

まず、Alteryx Designerのメニューの[オプション]-[ワークフローをエクスポート]を選択します。

YXZPエクスポート

ワークフローのエクスポートメニューが開きます。

エクスポートメニュー

基本的にはそのまま「保存」でかまいません。

ここでよく見ると、上の画面では、一つだけチェックがついていません(「C:\Program Files\Alteryx\bin\RuntimeData\Macros\Cleanse.yxmc」)。

これは、Alteryxに標準で添付されているマクロというのが理由です。標準で添付されているため、わざわざ配布する必要がない、という理由で、自動的にチェックを外してくれます(なんと親切な!)。

また、データまでは配布したくない、ということであればデータファイルのチェックを外しましょう!

YXZP形式の読み込み方

WeeklyChallengeなどにチャレンジしていると、問題となるワークフローがYXZP形式で配布されていることがあります。

ここでは、YXZP形式の読み込み方を紹介します。

YXZP形式のファイルをExplorer上でダブルクリックする、もしくはAlteryx Desginerへドラッグアンドドロップすると「インポートするかどうか?」というメッセージが表示されます。

インポートしますか?

「はい」をクリックすると、インポートされるファイルのリストが表示されます。この時、解凍先のフォルダ(ディレクトリ)の指定が可能です。

インポートファイルリスト

「インポート」をクリックすると、ファイルの解凍が始まり、最後に引き続きワークフローを読み込むかどうか尋ねられます。

ワークフローを開きますか

「はい」をクリックするとようやくファイルが読み込まれます。

使用しているより新しいバージョンのAlteryx Designerで作成されたワークフローの場合、エラー表示が出ます。この時は自動的にインポートされないのでご注意ください(解凍先のフォルダから読み込みましょう)。

 

 

※Alteryx Designer 2019.1.4.57073時点の情報です

  • 【Alteryx Tips】AlteryxのPythonツールでPDFの取り込みを行ってみよう【準備編】
  • 【Alteryxアイコン200連発】レポートヘッダーツール(Report Header Tool)
  • 【Alteryxアイコン200連発】フィルタIn-DBツール(Filter In-DB Tool)
  • Alteryxカテゴリ_Transform
    Alteryxツールアイコンの概要紹介(変換/Transform)
  • Alteryxアイコンカテゴリの紹介
  • Alteryx x Tableau キャッチ画像
    【AlteryxTips】AlteryxからTableauServerのRestAPIを叩いてみる
Alteryxの導入はぜひKCMEで!

セルフサービスデータ分析ツール「Alteryx」は2週間無償トライアルが可能です。

製品に対する操作方法、技術的な質問などは導入前・導入後に関わらずメールにてお答えします。また、Alteryxを用いた環境構築、開発、ヘルプデスク対応、ハンズオン、トレーニング、ワークフロー作成なども承りますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事