米国政府機関によって承認されたT-MobileおよびSprint

 T-Moible USAとSprintは、米国外国投資委員会(CFUS)から260億ドル(約2兆8千億円)の合併提案を承認されました。CFIUSに加えて、この取引は法務省、国土安全保障省および国防総省によって承認されました。

驚くべきことに、Huaweiの機器が承認の要素になったようです。

一部の団体は、Sprintの親会社であるソフトバンク、およびT-Mobile USAの主要株主であるドイツテレコムDTに関連するセキュリティ問題を米国以外の所有者として挙げています。ドイツテレコムDTとソフトバンクは、Huawei社の通信機器の一部を使用していますが、Huawei社の機器が米国の通信ネットワークに浸透して欲しくないという団体もあります。

Sprintの株式の84%がソフトバンク・ジャパンによって所有されており、T-Mobile USAの株式の63%がドイツテレコムDTによって所有されています。

 ロイター通信は先週、ドイツテレコムDTとソフトバンクの両方がHuaweiのネットワーク機器の置き換えを模索していると述べました。

対米外国投資委員会(CFIUS)

CFIUSは、以前はあまり知られていなかった機関であり、過去数年間、懸命に働いてきました。2017年には、セキュリティ上の懸念があったときにBroadcomがシンガポールでBrocadeを買収したことへの障壁がありました。 最後に、Broadcomは本社を米国に移しました。そこではトランプ大統領が介入し、CFIUSはBroadcomを承認しました。

2018年初め、BroadcomはQualcommに対して悪意な買収を試みました。しかしCFIUSは、BroadcomがHuaweiなどの中国企業と接触することについての懸念を挙げました。 CFIUSおよび他の要因への反対により、買収の試みは失敗に終わりました。

CFIUSおよびその他の米国の機関による本日の承認により、2019年上半期に終了すると予想されるT-Mobile USAとSprintの合併に対する別の障害が排除されます。

ーーーT-Mobile and Sprint Get Nod of Approval From U.S. Gov Agencies

記事リンク(原文) ーーーT-Mobile and Sprint Get Nod of Approval From U.S. Gov Agencies

免責事項 本内容は米国SDxCentral社の承認のもと翻訳しており、著作権は同社に帰属します。記事の内容詳細につきましては、原文でご確認をお願いいたします。

関連キーワード
5G, セキュリティの関連記事
  • AT&T、Shaw、China Mobileの概要5G試行の成功と失敗
  • エリクソンがテキサス州に5Gのトレーニング施設を設立
  • もっと5G記事
  • Sprintは2.5GHzのスペクトラムで5Gデータコールを吹き飛ばしました
  • シスコとサムスン:5Gの自然パートナーシップ?
  • エリクソンは6年間で15億人の5Gユーザーを予測
おすすめの記事
Tableauでヒストグラムを作成する
データアナリティクス
Tableauでヒストグラムを作成してみましょう 今回は、Tableauでヒストグラムの作成について紹介したいと思います。 Wikipedi...